朝の時間を大事に

朝は起きてゆっくり朝ごはんを食べて余裕を持って出勤・・・してますか?今の人って結構朝起きてバタバタと用意して毎朝ご飯を食べるまもなく家を飛び出している人が多いかもしれませんね。もちろんトイレで座ると言った時間もないでしょう。でもそれが便秘の原因となっているのですよ。知っていましたか?

日々の朝の習慣を見直さないと便秘だけではなく生活習慣病の原因を作り出してしまう結果にもなりかねません。それでは朝起きてからどのようなことをすればいいのでしょうか。

■起きたらまずはコップ1杯の水を飲もう

朝に水を飲む行為は、今まで寝ていた腸を刺激して、活動を活発化させるために必要なことです。朝、顔を洗ったり、歯を磨いたりはみんなすると思います。それに1つ水を飲むことを習慣づけましょう。

■朝食はゆっくりと時間をかけてとりましょう

朝の食事はよくドラマや漫画にあるようなトーストを口にくわえてそのまま外に出るような摂り方はいけません。ゆっくりと余裕を持って食べるようにしましょう。その時に食物繊維や水分を多く摂ることを心がけるようにしましょう。

食物繊維には便通を促進する働きがあるので、毎朝の食事には必ず摂るようにした方がいいでしょう。オススメはシリアルなんかがいいでしょう。何といっても食事の用意に手間がかからないので忙しい人にもピッタリ。それにシリアルは栄養のバランスを考えて作られている食品で食物繊維も多く含まれています。

また水分は体内の水分が不足すると、便が固くなってしまいます。便が固くなってしまい、排便できなくなってから水分をとっても遅いので、普段から多めに水分を摂取するように意識しましょう。


■毎朝必ずトイレに座る

これも習慣づけるためには大切なことです。便意がなくてもトイレに行って最低5分は座ってみてください。便が出なくても毎日トイレに行って座るのを習慣とすれば、自然と便意をもよおすことになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27954077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック