便秘ってどうして起こるの?

ある女性向けの調査結果で、便秘がちの人も含めれば約4割の女性が便秘だと言う結果が出たそうです。便秘って言葉は知らない人はいないですよね。

でもどの程度までが便秘なのかと明確なラインはないので、正直自分はどちらなのかは分かりにくいと思います。一般的に言われているのが3〜4日以上便通がなければ便秘といわれています。

毎日便通があったとしても量はいつも少量で、残便感、腹部膨満感や食欲不振、頭痛、眩暈、腹痛・などの自覚症状を感じる人は実は便秘なのです。まあ一言で言えば便通に不快感が有る人は便秘だということです。

それでは便秘解消をする為にも、便秘になる原因を理解することがいいと思います。便秘の原因となるのはストレスや水分不足、排便の我慢、食物繊維不足、運動不足(お腹の筋力低下)などが考えられます。1つ1つ詳しく紹介していきましょう。

■ストレス
便秘におけるストレスというのは、腸のぜんどう運動を左右する自律神経にある副交感神経が、ストレスによって乱れてしまい、それに伴ってぜんどう運動も乱れることから便秘になってしまう場合です。これは睡眠不足や日々の不規則な生活もストレスとなってしまいます。

■水分不足
一般的に正常な便は約80%が水分だそうです。だから体の水分が不足してくると、便の水分も体内に吸収されてしまい、ベンが硬くなり、排便がしにくくなって便秘を起こすと言われています。

■排便の我慢
直腸に便がたまると刺激が起こり、その刺激によって便意をもよおすことになります。しかしその時に、忙しかったり、恥ずかしかったりなどいろんな理由から排便欲求を我慢することも有ると思います。この状態が続くと、だんだんと直腸が刺激になれてしまって、便秘がおこります。

■食物繊維不足
食物繊維が便の量を増やすことで、腸を刺激し、腸のぜんどう運動を活発にさせ排便を促してくれます。食事の量自体が少ないと便の量も減少し、腸への刺激もぜんどう運動も弱くなって便秘を助長します。

■運動不足
運動不足などから腹筋の筋力が低下することで腸のぜんどう運動も弱くなってしまうと言われます。それ以外にも便を押し出す為の力としての腹筋は使われているので、その力にも影響して便秘になってしまうケースがあります。

上のケース以外にも、病気や怪我が元で便秘をなる場合、薬の副作用からの便秘もあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27945915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック